引っ越しのあれこれ


 

引っ越し作業が落ち着いたので、
ごちゃごちゃと書いていきたいと思います。

上の写真は、引っ越し作業で疲れすぎて
どうにかなって買ってしまったTHE・Oです。

グリーヴァス将軍もそうだけど、
自分は仕込み兵器に弱いと思う。

ちなみにジオはパーツが大きいので、
かなり難易度が低く、組み立て時間も
たったの2,3時間でした。
なのに、この格好良さは卑怯だよ。。。(*三∀三*

引っ越しの話は長くなります。


とりあえず作業が落ち着いての感想ですが、

めっちゃ疲れた;;;

正直言って舐め切っていました。
ちょちょいと片付くと思ってました。


とんでもない勘違いでしたね(^^;

特に苦労したのは収納です。
前の部屋は収納が充実していて部屋が狭い感じでしたが、
新しい部屋は収納が弱い代わりにフリースペースが多い
と言った印象でしょうか。
絶対的な広さは新しい部屋の方が上なので、
実際には収納面でも劣っていないのですが、
フリースペースが多い分、
収納グッズがないと天井までのデッドスペースが
たくさんできてしまいます。

そして、荷ほどきの出ばなでやられてしまったのが
服の収納スペースです。
前の部屋はちょっと大きめのクローゼットに
ハンガー用の棒が付いていたのですが、
新しい部屋は皆無でした;
しかもクローゼットが狭く、
天井も斜めっているため突っ張り棒も使えない。

あれ?服掛けられないじゃん・・・;

そう思って一晩を段ボール箱に囲まれて過ごしたのですが、
明朝に妙案が浮かびました! 

20160925_hikkoshi01.jpg 

部屋の一部をクローゼットエリアにしちゃいました!!
服を掛ける突っ張り棒と、間仕切り用のカーテンを設置!


20160925_hikkoshi02.jpg
通常のカーテンリングだと突っ張り棒の直径に足りないので
100均でファイリング用のリングと結束バンドを調達して
カーテンレールの代わりにしました。

これなら何かあってもファイルリングを好きな時に
好きな位置から付け外しできるので困りません!
結束バンドも余ってるし拡張性に抜けはありません。

我ながらよく思いついたなと感心しました(^^


 20160925_hikkoshi03.jpg 

20160925_hikkoshi04.jpg

こんな感じで収納部分を隠せるので
来客時も対応できます。

収納で一番大変だったのは、服の部分でしたが、
他にも棚やらカゴやら色々と買い足していったら、
なかなかの出費額となってしまいました。
当初の予算を大幅にオーバーしました;

収納はまったくチェックしていなかったので、
痛い出費となりましたが、いい経験になったと思います。


続いて愚痴っぽい話になりますが佐川急便の話です。
ずっと前からヤマトと比較してサービスレベルが低いなとは
思っていましたが、この引っ越しでそれを痛感することに;

Amazonで家電やら家具やらをまとめて発注したら
業者が佐川になったわけで、嫌な予感はしていました。

注文したのは、シーリングと冷蔵庫と炊飯ジャー。
とりあえず配達予定日が引っ越し前の日付になっていたので、
すべての伝票番号を営業所に伝えて、配達日を指定しました。
(ここは嘘を付いても仕方のない部分ですが、
 私は確かに漏れなくすべての伝票番号を伝えました)

そして引っ越し当日に部屋に行ってみたら、
大量の不在届がドアに挟まっていました。
あれ?と思って引っ越し作業を続けていたのですが、
配達指定時間になって到着したドライバーから
文句を言われました。

「一つしか配達予定日が変更されていないから、
 毎日訪ねていたのにgrievousさんがいなくて
 泣きそうになりましたよ・・・」

それは、仮に私に落ち度があったとしても
それを確認もせずに言っていいセリフではない。
ましてや私は確実に連絡をしているので、
完全に営業所の落ち度です。

冷蔵庫もシーリングも大きく重い荷物なので、
それを毎日運んでいた苦労は分かりますが、
内部の連係ミスを確認もせずに客に文句を言ってきたので、
穏やかに対応しながらも内心は
はらわたが煮えくり返っていました(_ _#

しかも、引っ越し作業の邪魔になると思って、
注文時に配達日を調整していたソファまで一緒に持ってきて、
「2日後の配達予定でしたけどいいですよね?」と、
トラックから降ろした後に聞かれました。

こんな事しかないから佐川は嫌いです。
尼の注文時に業者が選べるなら迷わず
ヤマトを指定するのになぁ・・・


最後に荷物運びになりますが、
今回は引っ越し業者を使いませんでした。
思いのほか距離が近かったため、
レンタカーで運びました。

そこで最大のネックとなるのがやはりカビゴン!!

これを運んでいるところを
一般の人に見られたくない一心で、
もの凄い勢いでカビゴンを車まで運んだわけですが、
そこで一つ分かってしました・・・

強盗が金品を車に詰め込んだり、
殺人犯が死体を運ぶ心境が!

ものすごいドキドキして、
周りをキョロキョロしながら
挙動不審にカビゴンを運ぶ様は、
まさに犯罪人のそれだと思いましたwww

ちなみにカビゴンはほぼ人の目に触れることなく
運び出すことに成功しました(^^
新しい部屋はカビゴンも楽々くつろげる広さなので、
心なしかカビゴンの表情も柔らかくなったように思います。


次回は色々と買い込んだ家電の話をしようと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

grievous

Author:grievous
グリーヴァス将軍をどこまでもリスペクト!
そしてポケラーやってます。

HN: grievous (グリーヴァス)
出生地:トーホク地方
職業:会社員
趣味:ポケモン、グリーヴァス将軍

一応、ポケモンのことを綴るブログなんですが、
ここ最近は日常のあれこれが中心です(^^

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請歓迎!!

QRコード

QRコード